Face exercize

「表情」には、あたながどのように人生を過ごしてきたかが表れます。

ほほえみ上手は人生を豊かにします^_^

before 2013年 → after 2017年現在
顔には約60もの筋肉があり、そのうち表情形成に働く筋肉は、わずか3割で、それらの筋肉を表情筋といいます。本来は約1万通りの表情を作れると言われています。日本語は特に2割以下の筋肉しか使っていないと言われ、世界最低レベルと言われています。

年齢とともに顔に老廃物がたまり、表情筋が衰え、皮膚も硬くなっていきますが、日本人はより衰えやすいのです。


昨今、インターネットやスマホなどの普及により、Face to Face のコミュニケーションが減る中、若い人でも表情の乏しい人が増えていて、表情筋の衰えは深刻になっています。

表情不表出が続くと、神経伝達系に異常をきたし、心の病を引き起こすこともあります。


健康維持・増進には身体のみならず、顔も運動させることが大切です。昨今、美やアンチエイジングに特化した顔の筋肉を動かす、科学的根拠(エビデンス)のないエクササイズがメディア等で乱立していますが、

英国予防医学機関・英国健康運動指導士協会公認のフェイスエクササイズは、医師や代替療法士により開発された、ただ美しさを求めるだけでなく、顔の筋肉と脳の構造をふまえた上での科学的根拠に基づいた唯一のフェイスエクササイズプログラムです。

《主な効果》

①ウェルエイジング、アンチエイジング

☆血行、リンパ促進で、しわ・たるみ・くすみ・クマ・むくみに効果
☆老廃物を排出
☆皮膚の新陳代謝のリズムの正常化
☆脂肪燃焼で小顔効果
☆コラーゲンとエラスチンの損失予防

②心と脳の病気の予防 

☆神経伝達系の正常化により、現代人の脳ストレス軽減、ホルモンバランスを調える→自律神経の正常化、精神疾患の予防、心の健康、脳の健康
☆ネガティヴ・マイナス感情の排出
☆自然治癒能力の回復、向上

③リラクゼーション

☆心身から無駄な力を抜き、バランスを調え、ストレスやプレッシャーと上手に共存できるように導きます。
☆意識がクリアな状態となりα波が出て、意欲や集中力が高まり、潜在能力を引き出します。

④コミュニケーション能力の向上

☆垂れたり、ずれたり、下がったりしているパーツを本来の位置に戻す。
☆笑顔だけでなく喜怒哀楽全ての表情を豊かに。
☆相手との十分な意思疎通を通して、良い人間関係の構築にも繋がります。

その他、嚥下障害の予防、滑舌の向上、噛みぐせや歯ぎしりの改善など。
経穴指圧で眼精疲労、頭痛、肩凝り、イライラ、不眠、花粉症などにも効果。

フェイスエクササイズを通して、世界に1つしかないご自分の顔と心と向き合って、自分らしい最高の笑顔を作りましょう^_^